うつ病、それは現代社会において不治の病ではありません。

心療内科で適切に

うつ病の治療は心療内科での受診が適切です。

 うつ病は精神疾患として総合病院などに設けている精神科の受診、治療が一般的でした。  うつ病の主な症状としては抑うつ状態をはじめ、やる気が出なくなる、消極的な行動や思考判断になってしまう、理由もなく不安な気持ちになったり、焦燥感が続いたりといった症状が特長的です。  更に、これらの症状に関連して頭痛が続いたり、不眠になる、あるいは食欲不振になったり、疲労感や倦怠感などがとれにくくなるなど、身体的な不調を訴える患者も少なくありませんでした。  そのため、これらの身体的な不調までを診療、治療するためには、精神疾患だけを精神科が診察、治療するだけではうつ病の治療には適切ではないとして、精神面と身体面を総合的に診察、治療することを目的として心療内科が創設されました。  これによって、よりうつ病に特化した診察、治療をうけることができるようになりました。

心療内科は小規模医療施設のクリニックが多いので、落ち着いた環境で診療をうけることができます。

 従来は精神性疾患については総合病院のような規模の大きな利用施設に通院して治療を受けていました。  しかしながら、うつ病患者のような精神障害者にとっては、総合病院のような規模の大きな施設への訪問は精神的に不安感を強く感じる場合が多いです。  また、他の科目受診の患者さんと待合室が同じな場合が多いために騒然としており、診察までの間待ったりという負担を強いられる場合が多々あります。  その点において、心療内科専門の個人開業医が行なっているクリニックなどでは、待合室や診察室は患者の気分を安静に保てるように配慮したデザインや、アロマ効果や癒しの音楽をBGMとして流すなどの演出をしてくれています。  診察についても、カウンセル的な内容も含めた診察が行なわれるため、うつ病の患者にとっては精神的に負担のすくない診療を受けることができます。  もし精神不調や体調不良を感じている場合や、通院の治療に不快感を抱いている場合は、小規模なクリニックでの受診をおすすめします。