うつ病、それは現代社会において不治の病ではありません。

治療のチカラ

うつ病の治療の2本柱

うつ病になってしまったら、治療の方法は大きく2つの方法で行われます。1つは薬物治療です。うつ病は脳の神経伝達物質セロトニンなどの濃度異常が原因で起こる病気であるため、それらの物質を選択的に再取り込みさせないような作用を持つ薬を使用します。急性刺激による多少の副作用はあるものの、現在のうつ病治療薬にはつらい副作用はほとんどありません。 2つめは精神療法による治療です。うつ病を発症するきっかけは、強いストレスに曝され続けたことがあります。ストレスを避けられるようにすることや、ストレスに曝されたときの対処法などをセルフケアできるようにしていきます。これを認知行動療法といい、投薬治療で回復した後もうつ状態のぶり返しが起きないように予防していきます。

抗うつ剤と精神療法にかかる費用について

薬物治療においては、飲み始めから症状が出なくなってもしばらく飲み続ける必要があります。それは、使用する薬が脳内神経伝達物質に作用するものであり、突然止めたりした場合、脳内で強い混乱が生じるためです。また、薬の効果が出始めるのも3か月ほどかかるため、トータルで1年近く服用する必要があります。再診料と薬代で1回につき3千円ほどかかる場合が多いようで、服薬する薬によって1錠10円から150円と幅があります。 精神療法に力を入れたい場合はカウンセリングを専門に行っている機関もあります。大学等研究機関であれば、1回3千円程度、民間で1時間1万円あたりが相場と言われています。医師の指示のもと、このような支援を利用することも効果的でしょう。

うつ病の治療には、小規模クリニックでの診療の方が適切な場合があります。

 従来のうつ病の治療は、主に総合病院の精神科に通院する事で治療を行なってきました。  しかしながら、総合病院の治療は、待合室が他の科目の患者さんと同席のときも多く、また医療施設関係者の往来等が頻繁で落ち着く事ができません。また、総合病院の診察環境は、精神的に不安を感じさせるような雰囲気があり、うつ病などで精神が不安定な患者にとっては非常に辛い診療環境になっていました。  一方、小規模ですが個人の開業医が行なっているクリニックでは、心療内科専門のクリニックも多く、また患者の立場に立った医療施設のデザインになっていたり、待合室は静かで安静な状態で待つ事ができたりなど、メリットが多いのが特徴的です。  総合病院の方が規模も大きいため医療機関としての信頼度は高いかもしれませんが、うつ病の患者の治療期間として考えた場合は、むしろ小規模な医療機関の方が適切な場合がおおいようです。  インターネット等で事前チェックも出来るようになってきていますので、受診前、あるいは転院などのまえに確認をしたうえで一度受診されることをおすすめします。

各自治体の助成、援助等を利用数とが可能になりますので、一度相談されることをおすすめします。

 うつ病の治療を受けている場合、各自治体などからの助成、援助を受ける事ができる場合があります。  これらは、各自治体が独自に行なっている者や、公的に既定されている助成などがあります。  具体的には、無料の健康相談会やカウンセリングを行なったり、就職支援を行なってもらえたりします。  また、社会活動への復帰を支援するために、自立支援制度によって治療費用などの一部助成を行う精度があります。  利用方法としては、自治体が準備している診断書書式に主治医の診断内容を記載してもらい、申請書と合わせて提出します。  問題がなければ、診療費や薬代などが一部助成対象として費用援助を受ける事ができるように成っています。  また、うつ病の場合には障害年金を受ける事ができる場合があります。  詳細については年金事務所等への確認することをおすすめします。  このように、さまざまな助成、支援制度が設けてありますので、利用を希望される方以外でも、一度各自治体の相談窓口に連絡をされてみることをおすすめします。