うつ病、それは現代社会において不治の病ではありません。

日本のうつ事情

日本は医者に掛かる人が少ない

うつ病を始めとした精神疾患の患者数は年々増加しています。うつ病に対する認知度が上がってきたからということも考えられますが、昔と比べてストレスを受ける機会が多くなったことも一因と言えるでしょう。 しかし、日本のうつ病患者数は世界と比較するとそれほど多くありません。一般的に先進国ほどストレスを受ける機会が多いと言われているにも関わらず少ないと言われています。原因はうつ病を発症している人が少ないという訳ではなく、治療をするために医者に掛かる人が少ないからではないかと言われています。 実際、日本では未だに心の病について理解されないところがあります。しかし、企業や政府が対策を講じてきているので、うつ病を治療するために心療内科へ通う人が増えてくるでしょう。

治療にあたって注意すべきこと

うつ病を治療する上で注意しなければならないことは、患者の周りの人がうつ病に関する知識を付ける必要があるということです。 高熱が出たり症状が目に見えたりするものに関しては、周りの人も気を使うことができます。しかし、心の中の状態は見えないので、思いがけず患者にダメージを与えてしまう行動をとってしまうことがあります。例えば、もっと頑張れという言葉を掛けてしまったり、早く治るようにプレッシャーを与えてしまったりすることです。 うつ病に掛かってしまう人はまじめで神経質な人が多いようです。また責任感が強いために、とにかく早く治したいと焦ってしまうことがあります。その気持ちは治療の妨げとなるので、周りの人が優しく接してあげることが重要です。